メタボリック症候群の判断基準カテゴリの記事一覧

メタボの判断基準

メタボリックシンドロームで心配なのは
内臓脂肪型肥満です。


内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、
ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。


これは肥満というより肥満症と考えた方が良いかもしれません。

あなたのウエストサイズは大丈夫ですか?


単純にウエストサイズだけで判断するのは
おかしいと思うかもしれませんが
簡単な判断基準だと思ってください。

正確に知りたいと思うなら病院で検査をしてください。

内臓脂肪は比較的容易にたまるものの、
容易に燃焼することができるので、
日々の食事や運動を心がければ減らすことは十分に可能です。

メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係しています。
生活習慣をちょっと改善するだけで、内臓脂肪を減らし、
メタボリックシンドロームを防ぐことができます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。