肥満の種類は2つカテゴリの記事一覧

肥満には2種類の形があります。

メタボリックシンドロームの予防は、まず、
自分を知ることからはじめましょう。


体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを
「皮下脂肪型肥満」、

内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを
「内臓脂肪型肥満」とよびます。


体形からそれぞれ「洋ナシ型肥満」「リンゴ型肥満」ともよばれています。
この2つのタイプのうち、
「皮下脂肪型肥満」は外見から明らかにわかりやすいですが、
「内臓脂肪型肥満」は外見ではわからないことがあります。


女性なら皮下脂肪、男性なら内臓脂肪がつきやすいといわれています。

皮下脂肪は内臓脂肪と違い、病気への影響は少ないといわれています。

特に女性には、ある程度の皮下脂肪は大切なものです。


男性の方がメタボリック症候群になっている割合が多いのは
それだけ内臓脂肪も多いということです。


有酸素運動を行なった場合に、筋肉は蓄えたグリコーゲンを使い、
次に肝臓や脂肪細胞が放出する血中の脂質である遊離脂肪酸を使います。


この時に皮下脂肪よりも代謝が盛んな内臓脂肪の方が
多くの遊離脂肪酸を放出します。

内臓脂肪は脂肪細胞が大きくなりますが、
皮下脂肪は脂肪細胞の数が増えます。

自分の脂肪の形を考えて予防に役立てましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。