子供のメタボリックカテゴリの記事一覧

子供のメタボリック

メタボリックは大人だけではありません
子供も生活習慣病の危険があります。


成人病という名前から生活習慣病という名前に変わったのは
若い人にも発症し子供の頃からの生活習慣が
影響する病気だからです。


メタボリック診断基準が子供にもできました。

大人のメタボリックの診断基準というのは
2005年に作られたものですが、
2007年になって子どもにも
メタボリックの診断基準(6〜15才向け)ができました。


子供のメタボリックの診断基準の具体的な内容は、
大人と同じでウエスト径に重点が置かれています。

子供は、大人と違ってウエスト径に男女に区別はなく、
腹囲80cm以上で赤信号とされます。

その上で血圧、高脂血症、血糖値の数値の内の2つ以上が該当すると、
小児メタボリックにあたります。


小児メタボリックでなくても、ウエスト径が80cm以上あれば、
当然メタボリックの予備軍にあたります。

子どもの場合のメタボリックの予備軍は
ウエスト径だけの判断ではなく、
ウエスト÷身長=0.5以上あれば予備軍になってしまいます。


小児メタボリックの対象になるのは6〜15才ですから、
子どもの生活習慣や食生活に親や気をつけてあげることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。