メタボリックシンドロームとはカテゴリの記事一覧

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームという言葉を、
最近よく聞くようにになったのではないでしょうか?


メタボリックシンドローム自体は病気ではないのですが、

生活習慣病予備軍と考えればいいと思います。


生活習慣病とは
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、
その発症・進行に関与する疾患群」と定義されていて、

代表的な病気としては、虫歯からはじまり歯周病、骨粗鬆症、
アルコール性肝疾患、肥満症、痛風(高尿酸血症)、高血圧症、
糖尿病、高脂血症、心臓病、脳卒中、がん、などがあります。

かっては加齢とともに発症し進行すると考えられて
「成人病」
と呼ばれていたのですが、若い世代の人でも発症し、
子供の頃からの悪い生活習慣の蓄積がその発症に
大きく関わっていることがわかり、
96年に、生活習慣病という呼び名に変わりました。


ここでいう生活習慣病の
肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などは
それぞれが独立した個々の病気ではなく、
肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満
が原因であることがわかってきました。


このように、内臓脂肪型肥満によって、
さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を
メタボリックシンドロームまたは
メタボリック症候群といい、
治療の対象として考えられるようになってきました。


「メタボリックシンドローム」という概念が確立された目的は、
動脈硬化による循環器病(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など)
をいかに予防するかということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。