楽して痩せる水中ウォーキング

水中ウオーキングでメタボ対策

暑くなるこれからの季節、屋外でのウオーキングは大変です。
そこで夏にオススメなのが汗や紫外線を気にせずに、
気軽に運動不足を解消できる水中ウオーキングを始めてみてはいかがでしょうか。


プールの中で歩く「水中ウオーキング」が
とくに中高年女性に人気だそうです。

軽い負担で全身運動ができるからです。
そう、楽して痩せれるのが水中ウォーキングの魅力
紫外線の強くなる季節にもつてこいですよね。

陸上での運動に比べ、水の浮力や水圧の影響で
関節や腰への負担が軽くて、
運動効果はとても高いからです。


メタボ対策にプールでのウォーキングは効果があります。

中高年女性に人気です。
「速く歩くほど水の抵抗でエネルギー消費が大きくなる。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策やシェイプアップにもつながるので、体力に自信のある男性や若い女性にもお勧めです」。


水中ウオーキングには
陸上での運動に比べ、さまざまな利点があります。
まずは浮力の効果。「浮力のある水中では、
体にかかる負荷が陸上の半分から3分の1程度になり、
関節や筋肉にかかる負担が軽く、足腰に痛みがある人や
肥満の人も無理なく運動できるのです」


陸上で常に体を支えている筋肉が、水の中では重力の負荷から解放され
リラックスすることで、凝りや血行不良が改善されるという。


もう1つは水圧による影響だ。水深1・3メートルのプールなら、
下半身には最大1・13気圧がかかる。

適度な水圧で血液の循環がよくなり、老廃物のたまりがちな静脈血が
心臓に戻され、足のむくみの解消などにつながるという。

また、水中では水の抵抗があらゆる方向からかかるため、
全身の筋肉がバランスよく鍛えられるというメリットもある。


では、実際に始める際、どんな点に注意すればいいのか。
「最初は水の抵抗で歩きにくく感じるので、まずは負荷の軽い横歩きから。
無理せず、水の中の気持ちよさを味わって」とアドバイスする。
慣れてきたら、両手を前に組んだり、歩幅を大きくとったり、
ひざを高く上げるなど、手足の動きや速度を工夫してみよう。


「1回でもリラクゼーション効果は得られますが、これまでの研究で1回30〜40分程度の歩行を週2回、3カ月以上続けると、体が引き締まり、腰痛や肩凝りの改善、生活習慣病の予防につながります」。

水中ウオーキングは1人でもできるが、一緒に楽しむ仲間を作ることが長続きするコツだ。
最近は、歩行者専用レーンや専用プールも増えており、気軽に始められる環境が整ってきた。
各地のスポーツクラブのほか、水中運動の教室を開く自治体も多いので、まずは参加してみては。

メタボサプリを利用すると効果があります。
カイゲン『メタカット(180粒)』

楽しんでダイエットなら
杉本彩さんも夢中!ヤセたいなら腰を振れ!コアリズム「日本語吹き替え版」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。