フェルガード脳のメタボリック対策

フェルガード、頭のメタボ予防
女性のメタボ対策は身体だけぢゃありません。

生活習慣病の予防には
頭のメタボリック対策予防、そう脳も大切です。

「フェルガード」脳のサプリメントがビタミンEを増強して新しくなりました。 

記憶力の老化が気になる方へお勧めします。
NEWフェルガード【日本デトックス株式会社 通販部】
脳のサプリメントフェルガード

次のような方に 『NEWフェルガード』 をお勧めします。

「あれ?」「何だっけ?」「あの〜」が多くなってきた。
知っている人なのに名前が出てこない。
探し物をすることが多くなった。
人付き合いがめんどうになった。
食事をした事が思い出せない。
「何しに来たんだっけ?」
「何しようとしてたんだっけ?」が増えてきた。
鍋を焦がしてしまうことがある。



年をとると、記憶力はだんだんと衰えてきます。

記憶力の老化が起こるのは、年とともに脳内の分解酵素の働きが衰え、アルツハイマー病の原因物質と言われるベータアミロイドという特殊なタンパク質が脳内に高濃度蓄積され、脳神経細胞(ニューロン)をつないでいるシナプスでの神経伝達が悪影響を受けるためだと言われています。 『NEWフェルガード』 の主成分であるフェルラ酸は、ベータアミロイドによるシナプスでの神経伝達物質(アセチルコリン)の減少や脳内の炎症を抑制し、記憶・学習障害を緩和する働きがあることが明らかになってきました。 また、ガーデンアンゼリカの抽出物には、アセチルコリン分解酵素を阻害するクマリン酸が含まれています。 記憶力へのフェルラ酸の働きをより増強しています。


日本の高齢化社会の現状

 我が国は、高齢者の数が2,500万人を突破し、総人口に占める割合も、約20%となり世界最高の高齢化社会となっております。 また、今後数年でいわゆる団塊の世代も、高齢者の仲間入りをすることもあり、高齢化のスピードはさらに進み、2015年には約25%、即ち4人に1人が高齢者になると予測されています。 この数字は一方で、少子化も進んでおりますので、もっと早く達成されるかもしれません。 とにかく我が国は、世界で群を抜いて高齢化が進んでおります。


 日本は、戦後幸いにして平和な時代が続き、保健、医療が高度に発展し、男女とも世界最長の平均寿命を達成することができました。 然るに一方で、完全に健康なままで高齢を迎える方は非常に少なく、ガンや糖尿病といった生活習慣病に罹る方の率も非常に増大しているのも事実です。


 なかでも、重大な問題は脳の病気である認知症が、日本の高齢化よりも早いスピードで浸透していることです。 現在老人性認知症の方は、約170万人に達し、その約60%がアルツハイマー型です。 東京都武蔵野病院大塚俊男院長が作成した将来統計によりますと、アルツハイマー病の割合は、現在の5%弱から2020年には6.5%、人数にして約250万人、即ち現在の約2.5倍になるだろうと予想されています。 高齢化が世界最速に進み、その速さよりも速い割合で進んでいるわけですから増え方は驚異的です。
                                        資料提供 株式会社グロービア

アルツハイマー病とは
 専門医が、軽度認知障害(MCI / mild cognitive impairment)と診断する健忘の激しい人達がいます。 このMCIと診断された人達の追跡調査によると、その人達は年率15%ぐらいアルツハイマー病に進行した、と報告されています《参考文献13》。

 しかし、MCIと診断されても症状が進行しない人もいて、MCIの半分はアルツハイマー病に進行し、残りの半分は進行しないようです。

 MCIは、65歳以上の高齢者の20〜25%ぐらいに見られるとのことですから、高齢者のアルツハイマー病罹患リスクは10%強ということになります。 健忘であっても、毎年悪くなっていくと自覚されている方は、要注意です。 

記憶力の老化が気になる方へお勧めします。
NEWフェルガード【日本デトックス株式会社 通販部】
脳のサプリメントフェルガード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80741476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。